MenuBar

  • MR
    • コマンド
      • tail [数字] [ファイル名]:数字行から末尾にかけてテキストを読み込む命令。
      • grep ["文字列"] [ファイル名]:文字列が入っている行を抜き出して表示する命令。
      • last reboot:最後にリブートした日時の表示。
      • conf:OSやHOSTの情報、インストールされているソフトが表示される。
      • dmidecode | grep Product:OCの情報()
      • top:現在のメモリ使用状況の表示
  • ファイル&ディレクトリ
    • /usr/g/service/log/以下
    • gesys_XXXX.log:一般的なエラーログ。
    • scn.out:操作情報。チューニング情報はgrepで"MPSDONE"を抜き出すと、R1、R2、TG、中心周波数の値が得られる。
    • review.out:撮影条件ログ
    • pcft.log:Boreの温度。(Gradient Coilの温度)
  • /usr/g/insite以下
  • sclink.cfg:システムNo.の確認。
  • /usr/g/protocols/site:siteのプロトコルが置いてある(Signa系)
  • /export/home/signa/wfprotocols/:プロトコルが置いてある(Brivo/Optima,Discovery)
  • /usr/g/service/log/paramdata以下(Discovery,Brivo,Optima系限定)
  • Cooling.xml:Gradient Chillerの温度など。(750のみ?)
  • sriTemp.xml:
  • /usr/g/bin/sok_test:オプションの情報(イメージ用)
  • /usr/local/bin/chk_sdc_opkeys:オプションの情報(編集ソフト用)
  • /export/home/sdc/logfiles/
  • dcslog:DICOMへの画像転送ログ。
  • dbrlog:データベース読み込みログ。gesysログでデータベースのエラー出てたら見てみると良い。
  • dbwlog:データベース書き込みログ。gesysログでデータベースのエラー出てたら見てみると良い。
  • imslog:イメージの読み書きログ。
  • /export/home/sdc/Prefs
  • SdCRhosts:AWのIPなどを調べるときに使う。
  • /w/config以下
  • MRconfig.cfg:閾値を設定できる。(BoreTempLevel1:警告、BoreTempLevel2:スキャンストップ、BoreTempOffset?(センサーぶれ補正)
  • WLsystem.cfg:AETitleが書いてある。MWM情報。
  • /w/state以下
  • SaveExamNum?:Exam No.を記録。変更するとExam No.が変わる。次のExamを100にしたければ、99に書き換える。
  • /etc/hosts:AGP,SCP,APS,ICNなどのIPが記載されている。
  • /var/log/messages:HOSTのログ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-03 (火) 10:33:10 (2331d)